トップページ > おすすめ | 東北(東日本)復興 | イベント > セルフ・ストーリー・オペラ「這い上がり」古市佳央 AKIRA

セルフ・ストーリー・オペラ「這い上がり」古市佳央 AKIRA

  • 2011-11-17 (木) 22:50
いつもお世話になっている二村さんが主催する東日本大震災チャリティーコンサート。
愛知初上演のセルフストーリーオペラ「這い上がり」が12月17日に開催されます。
苦しい体験を乗り越えてこられた古市さんの語りと、AKIRAさんの魂の歌声をぜひ聞きに行ってみてくださいね。
(以下、主催者文章)

●○●○●○●○●○●○●○●○

「3・11東日本大震災チャリテーコンサート」(すべての収益は被災地に寄付させて頂きます)

愛知初上演!

セルフ・ストーリー・オペラ「這い上がり」
~ある「顔」の喪失と再生の半世紀~

語り 古市佳央 歌 AKIRA ピアノ 佐野信行(岡崎出身)

主人公の古市佳央さんは語ります。

僕の夢は・・・

「この世の中を温かい心を持った人で埋め尽くす事」

「1988年4月2日」

高校一年の春、やんちゃな佳央さんが無免許運転でバイク事故をおこしました。

転倒したバイクから漏れるガソリン。

そのガソリンを浴びて重度熱傷41%という、生死をさまよう大火傷を負うが、奇跡的に命を取り留めます。

自らの変わり果てた姿に何度も何度も挫折し、何度も何度も自殺を考えます。

退院後の一般社会の中での好奇と嫌悪、同情の視線にさらされます。

今、佳央さんは静かに語ります。

1988年4月2日

その日は、俺の第二の人生の始発駅だったのだ。

このことに気づくまでには

相当の時間とたくさんの人との出合いが必要だった。

後悔からチャレンジへ

絶望から希望へ

チクショウカラありがとうへ

無意味な人生から意味のある人生へ

今ようやく俺は、充実した人生を送っているように思う。

事故で経験したつらい思いや地獄の生活

それを乗り越えたからこそ最高の感動をしることができた。

今の自分を好きになれたことが、最大の理由だ。(著書「君の力になりたい」より抜粋)

是非、古市ワールドに触れて頂きたい。

そしてAKIRAさんの魂の歌声を聴いて下さい。

必ず癒されます。

生きる方向を見つかります。

・2011年12月17日(土)開場11:30

・開演12:30 終演15:30

・会場:カルチバ新川 大ホール(定員300名)
愛知県清須市美鈴60番地052(401)2666

 
幸縁料
・一般2000円   

・以下の方は1000円(学生証、身分証明書をご持参下さい)
 高校生 
 障がい者(付き添いお一人まで)
 シニア(60歳以上)

・中学生500円(身分証明書をご持参下さい)

・小学生以下は無料です(席の関係上、座席の必要な方は整理券を発行しますのでご連絡下さい)

・当日は500円増しとなります。(すべて地震被災地に寄付させて頂きます)

申し込み・お問い合わせはこちらまでお願いします。

公演会スタッフ同時募集中です。

共に歩んで頂ける方、共に語って頂ける方は是非、お声かけ下さい。

090-4212-0634(にむら)
mineharukiyomi@gmail.com

主催 ピンクス愛知

 ●○●○●○●○●○●○●○●○
 


コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶させる

トップページ > おすすめ | 東北(東日本)復興 | イベント > セルフ・ストーリー・オペラ「這い上がり」古市佳央 AKIRA

Feeds
Meta

トップページへ戻る