トップページ > 一語一会 【言葉】 | 子育て | おすすめ | 体・健康 | 子どもの体・健康 | 本・漫画 > 食事も子育ても十人十色 『子どもが野菜嫌いで何が悪い!(幕内秀夫)』

食事も子育ても十人十色 『子どもが野菜嫌いで何が悪い!(幕内秀夫)』

  • 2011-12-19 (月) 21:09

●一語一会
「子どもも親も十人十色。子育てのやり方も十人十色。」

こんばんは♪
一昨日はおかざきファーマーズマーケットに出店。
「梨の皮向き大会」に出場し、見事に惨敗(笑)
普段包丁使わないので、ドキドキしました。
梨は凄く美味しかったです(^^
ユウトもいろいろ楽しめたみたいなので良かったです。

最近、『子どもが野菜嫌いで何が悪い!』という本を読みました。
この本を書いた方は、幕内秀夫さんという方で昔『粗食のすすめ』というベストセラーを書かれた方です。
ユウト君はご飯はしっかり食べるのですが、野菜をほとんど食べていなかったので、気になっていたんです。
本には「子どもが野菜嫌いなのは、自然なこと」だと書かれていました。
子どもの食事はご飯とふりかけだけでも、十分みたいです。
「栄養バランスのために、いろいろ食べさせなければ」と心配しなくてもイイということです。

「バランスよく食べる」とよく言われますが、「バランスは人によってみんな違う」ということを大切にしなきゃいけないな、と思いました。
大人と子どもでは食べるものが違ってもおかしくないし、子どもでも「その子にとっての丁度良い栄養バランス」はひとりひとり違うのだと思います。

本を読んで野菜を好きになれないユウト君と重なるところがたくさんあって、「だから野菜食べないんだ」と納得しました。

昔の人も食べていた自然な食材であれば、子どもに任せていれば基本的に大丈夫なんだと思います。
ただし、化学調味料や添加物、お菓子やジュース、など非自然なものに関しては、
本能に任せていたら大変な食生活になってしまうと思うので、できる範囲で親が気をつけてあげる必要があると思います。

幕内さんの本に書かれていることは凄くシンプルで、提案も「ご飯を食べよう」など簡単なことばかりなので、お勧めです。
子どもや家族の食事が気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

想贈*SOUSOU たか(三戸)

 


コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶させる

トップページ > 一語一会 【言葉】 | 子育て | おすすめ | 体・健康 | 子どもの体・健康 | 本・漫画 > 食事も子育ても十人十色 『子どもが野菜嫌いで何が悪い!(幕内秀夫)』

Feeds
Meta

トップページへ戻る