トップページ > 一語一会 【言葉】 | 体・健康 | > モンサントの遺伝子組み換え作物にパブコメを!8月4日まで

モンサントの遺伝子組み換え作物にパブコメを!8月4日まで

  • 2012-08-02 (木) 9:07

●一語一会
「流した汗と涙が、いつか美しい花を咲かせる」

こんにちは、想贈*SOUSOUのたか(三戸)です。
山口県知事選挙では、飯田さんが惜しくも落選でした。
でも、多くの方が自然エネルギーシフトに興味を持って飯田さんに投票したので、今後が楽しみです^^

原発も心配の種ですが、本当に「心配な種」があります。
それが、モンサントという会社の「遺伝子組み換え作物の種子」です。
モンサントは世界中の遺伝子組み換え種子の95%を作っている会社。
農水省が隔離圃場でのモンサントの遺伝子組み換え作物の栽培を承認してしまいました。

これが大問題なんです。

例えば僕が三戸ファーム(仮)の畑で野菜を育てているとします。
隣には、モンサントの遺伝子組み換え作物を栽培する畑があって、
その作物の花粉が三戸ファームに飛んできて、自然に受粉したとします。
すると、モンサント社は「三戸さん、勝手にうちの種を使っちゃ駄目だよ!ちゃんとお金払わないなら訴えるよ!」とめちゃくちゃなことを言ってきます。
そして、「いや、使ってないよ」と反論すると、たくさんの大調査団を引き連れて調査&監視しに来ます。
裁判になったときの証拠用に、ビデオ撮影までするそうです。
実際に海外では、モンサントに訴えられて示談をするハメになった農家がたくさんいるようです。

もっと凄い話があります。
それは、とある町のお店の店主。
その店主さんは農家でも何でもなく、お店にはモンサントの種なんか売ってません。
ですが、ある日突然モンサントの会社の人が店にやってきてこういいます。
「うちの会社の種の特許侵害しただろう。示談に応じた方が身のためだ。うちは大企業だから逆らっても無駄だ」
町の店主は、「いや、農業なんかやってないし、種も売ってない」と抗議します。
ですが、結局モンサントは特許侵害したと言って裁判所に訴えたんです。

遺伝子組み換え作物の体への影響も気になります。
「遺伝子組み換えの大豆で育てられたハムスターは、3世代以内に子供を産めなくなる」という説もあります。
食べもの、って命を支える凄く大事なものだと思うから、僕は遺伝子組み換え作物の栽培には「絶対NO!」です。
パブリックコメント(政府に意見を出す)の提出期限が8月4日と迫っているので、ぜひ!
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/120706_1.html

ユーチューブで「モンサント」で検索すると、実態がよく分ります。

「農業関連大手モンサント社の恐怖の収穫」

「インドの綿花生産者自殺とモンサント」

以上、モンサント社の遺伝子組み換え作物の話でした。
それでは、今日も読んでくださってありがとうございます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
名前から作る世界に1つだけのポエム「なまえポエム想贈*SOUSOU」
http://namaepoem.com/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶させる

トップページ > 一語一会 【言葉】 | 体・健康 | > モンサントの遺伝子組み換え作物にパブコメを!8月4日まで

Feeds
Meta

トップページへ戻る