トップページ > 一語一会 【言葉】 | 政治・経済 > 緊急提案・シリアへの軍事介入にNO!

緊急提案・シリアへの軍事介入にNO!

  • 2013-09-09 (月) 10:44
●一語一会
「ひとりひとりの力は小さくても、みんなの力が合わされば奇跡が起きる」
 
こんにちは、想贈*SOUSOUの三戸です。
ご存知の方も多いと思いますが、中東の国シリアでは現在内戦状態になっていて、アメリカは軍事介入をしようとしています。
シリアの現状について調べていると、「アサド・シリアの真実」という下記の動画を見つけました。
 
僕はこれを観て、現地のシリア人の声を知り涙が出ました。
また、下記の「反体制の構造」という動画が凄く勉強になりました。

上記の二つの動画を観て、シリアの人の怒りと悲しみ、そしてマスコミのデタラメな報道がシリアに住む人たちをどんなに苦しめているかを、痛感しました。
もちろん、この動画が本当の話であるかどうかは、ひとりひとり観た人が決めることですが、僕はこの動画は真実であると思っています。
僕はアメリカの軍事介入に大反対なので、「軍事介入を防ぐような何らかの働きかけをしてください、行動を起こしてください」というメールやFAXを、米国大使館、日本の首相官邸、日本の外務大臣、地元の国会議員宛てに送りました。

戦争では軍人だけでなく、多くの民間人が殺されます。
イラク戦争のときは民間人だけでも10万人以上の方が犠牲になったと言われています。
おそらく、人間だけでなくそこで暮らす動物も犠牲になっているはずです。
本当に悲しいことです。

僕自身はアサド政権は化学兵器を持っていないのではないかと思っていますが、
仮に本当に化学兵器を持っていて、それを使って人を殺していたとしても、よその国が勝手に空爆などで攻撃するのは絶対に間違っていると思います。
ちなみにイラク戦争のとき、アメリカは「イラクは大量破壊兵器を持っている」「イラクはテロリストをかくまっている」という二つの理由で軍事攻撃を開始しましたが、アメリカ自身のその後の調査でその二つの理由は嘘であることが判明しています。
また、シリア人が自ら助けを求めているのでなければ、仮に軍事的なものでなかったとしても他国が介入する必要はないし、介入することは基本的に間違ったことだと思っています。
よその国が勝手にシリアの国に土足であがりこむのではなく、シリア人の本当の願いをもっともっと調べた上で、シリア人が望む形で支援しなければならないはずです。

アメリカのシリアへの軍事介入を日本政府は支持しています。

本当に申し訳なく思います。
イラク戦争のときもアメリカの軍事行動に対して日本政府は支持しており、海上自衛隊の補給艦と護衛艦をインド洋に派遣し、米英をはじめとする国連・多国籍軍の艦船に対して、洋上補給(給油)を行なって支援してきました。
つまり、僕達日本人の税金が罪の無い人たちを殺すために使われているということです。
今後シリアへの軍事行動が始まった際に、日本がどんな形で関わるのかは分りませんが、イラク戦争の悲劇に僕達は学ばなければならないと思います。
シリアには行ったことはありませんが、そこで暮らす子ども達の可愛いさは同じだと思います。
このままだと尊い命がたくさん犠牲になってしまうでしょう。
そして、その犠牲の一部は僕達日本人のお金が使われていく可能性があります。
ひとりの力は本当に小さなものですが、みんなの力を合わせれば凄い力になります。
日本は世界でナンバーワンの経済大国ともいわれる凄い力を持った国だと思います。
世界一外国にお金を貸している国とも言われています。
なので僕達日本人の行動が世界に与える影響は凄く大きいはずです。
日本だけでなく、アメリカ国内、ヨーロッパ、トルコなど世界中でシリア攻撃への反対運動が起こっているそうです。
中国やロシアの政府も反対しています。

シリアの平和を守るために、誰でも簡単にできる小さな行動を提案します。
米国大使館、安倍晋三さんの事務所、首相官邸、外務省、外務大臣・岸田文雄さん、地元の国会議員などにみんなで「アメリカのシリアに対する軍事行動をやめるよう働きかけてください」と伝えることです。
電話、FAX、メール、署名を届ける、いろんな形で意思表示できると思います。
僕の行動に賛同していただける方は、ぜひシリア攻撃反対の意思表示をお願いします。

 
また、他にも何か戦争を防ぐ良いアイデアや知恵がある方は、教えていただけると嬉しいです。
1人でも多くのシリアに住む人たちの命が、守られることを心から祈っています。
 
●内閣総理大臣・安倍晋三ホームページ
http://www.s-abe.or.jp/
●首相官邸ホームページ
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
●外務大臣・岸田文雄ホームページ
http://www.kishida.gr.jp/mail/mailform.html
●外務省ホームページ
https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
●米国大使館ホームページ
http://japanese.japan.usembassy.gov/ja/contact-us.html

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶させる

トップページ > 一語一会 【言葉】 | 政治・経済 > 緊急提案・シリアへの軍事介入にNO!

Feeds
Meta

トップページへ戻る