トップページ > 体・健康 > 体を温める食べ物

体を温める食べ物

  • 2009-08-15 (土) 16:20

体が冷えると生命力が下がり、全身の機能が低下すると言われています。
これは、極寒の地ではあまり生物が育ちにくく、逆にアマゾンのジャングルでは
多くの生物が育っていることをイメージすると分かりやすいと想います。

体を冷えないように、あったかくするためにどんなものを食べたらいいのか?
大切だと想うことを、箇条書きにしてみますね。

・あったかいもの(鍋や味噌汁)を食べる
・あったかい飲み物(タンポポティーや番茶)を飲む
・良い塩、良い醤油、良い味噌を食べる
・動物性のものより、野菜やお米を多く食べる
・食べ過ぎない
・白砂糖ではなく、黒糖・てんさい糖・ハチミツにする

あったかいものを食べればあったまります。
また塩分は体を温めるのですが、
最近の安い化学塩はミネラルが全然入って
いないので、あんまり体に良くありません。
ミネラルがたっぷり入った、自然の良い塩は
体がほしがる分だけ食べても大丈夫だと
想います。

また、甘党の方は甘いものをひかえめにしつつ、
甘いものをどうしてもいっぱい食べたいときは、
白砂糖ではなくハミチツや黒糖などが入った
お菓子を食べた方が体には良いので
オススメです。

僕らはやっぱり自然に生かされているので、
できるだけ自然な食べ物を食べた方が、健康に良いと想います。

それから、何でも我慢はあまりしすぎないことです。
「甘いもの食べ過ぎると冷える」と言われて、めっちゃ我慢すると、ストレスで結局生命力が下がると想うんです。

その辺は自分でいろいろ試してみて、心地よく過ごせる範囲で食事を変えてみると良いと想います。

良い味噌で作ったお味噌汁。
これは日本の食文化の宝だと想います。

また、醤油番茶もかなりオススメです。
番茶に醤油を自分の好みの味になるように入れて、飲むだけです。
これだけで、体があったまります。
このときも、安い生命力の無いお醤油ではなく、ちょっと高くても美味しい良い醤油を使ってくださいね。

【今日の一言】

良い体(命)は、良い食べ物(命)から。
こだわりすぎずに、美味しく食べよう。
「いただきます」の心と言葉が、
悪い添加物も(ある程度)解毒してくれる☆


コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶させる

トップページ > 体・健康 > 体を温める食べ物

Feeds
Meta

トップページへ戻る