トップページ > おすすめ > 本・漫画

本・漫画 Archive

まりもちゃんの「アレルギーとんでけ!」ガイド |竹中 恭子

  • 2010-01-16 (土)


【まりもちゃんの「アレルギーとんでけ!」ガイド |竹中 恭子】

前回の記事で、由井寅子さんの『ホメオパシーin Japan』という本を紹介させていただきました。

今回は、アレルギーやアトピーで困っているお母さんに凄くお勧めの本を紹介させていただきます。
「まりもちゃんの『アトピーとんでけ!』ガイド(リヨン社)」という本です。

毎日の食事・掃除・お風呂から、病院・入園入学・お付き合いまで、
300家族の実例を交えて書いたアレルギー(アトピー・喘息・花粉症etc)っ子の暮らしと心のアドバイスがたくさん書かれています。

実体験やインタビューに基づいた現実の話から作られた「お母さんとお子さん目線の本」なので、凄くお勧めです。
子どものアレルギーやアトピーで悩んでらっしゃる方は、ぜひ一度読んでみてください。


ホメオパシーin Japan―基本36レメディー (由井寅子のホメオパシーガイドブック1)

  • 2010-01-16 (土)


【ホメオパシーin Japan―基本36レメディー (由井寅子のホメオパシーガイドブック1)】

 

こんばんは、なまえポエム想贈*SOUSOUのたか(三戸)です。

前回の記事で、穀菜食の研究者である大森さんの本を紹介させていただきました。
大森さんの本の他にも、薬を頼らずに自然治癒力で子どもや家族の健康を守るお勧め本があります。

『ホメオパシーin Japan―基本36レメディー (由井寅子のホメオパシーガイドブック1)』です。
これは、ホメオパシーの基本レメディに関する説明や使い方などが網羅されたガイドブックです。
基本のレメディとこの本をご家庭に常備しておけば、いざと言う時に役立ちます。

うちでは、子どもの体調が悪いときは、大森さんの本と合わせて大活躍しています。
何が本当に病気を治癒するのか、それはお医者さん達専門家だって分らないことだと思います。
ただ、「心を込めて看病する」というそのことが、自然治癒力を高めてくれるような気がします。

子育てが十人十色なように、子どもの看病の仕方だって家庭によって違って当たり前だと思います。
うちも日々試行錯誤の連続です(^^)

 


自然派ママの食事と出産・育児|大森一慧

  • 2010-01-16 (土)


【自然派ママの出産・育児(大森一慧)】
前回の記事で、「どれくらいの症状だったら、病院に行くべきなのか」を判断するためのお勧め本、
「小児科BOOKⅠ・Ⅱ」を紹介させていただきました。

薬や病院をできるだけ頼らずにご家庭で自然治癒力を高めて子どもの病気をケアしたい場合は、
「自然派ママの食事と出産・育児(サンマーク出版)」という本がお勧めです。
著者は穀菜食の研究家・実践者として有名な大森一慧さんです。

ご家庭に一冊、ぜひ置いておくと良いと思います。

 


ホーム > おすすめ > 本・漫画

Feeds
Meta

トップページへ戻る